ARTISTS

倉崎稜希

Ryoki Kurasaki

倉崎は、油彩で描いたポートレートの目であった部分を燃やすことでモチーフのリアリティの追求を試みている。
命のメタファーとしての炎によって発生する現象と物質、露出する空間とキャンバス自体の構造が、その作品の重要な構成要素である。



[PROFILE]
倉崎稜希 / Ryoki Kurasaki
1995 福岡県北九州市生まれ
2016 九州デザイナー学院 卒業

・展示
2016
「Heart Art in FUKUOKA 2016」福岡アジア美術館 福岡
「地元ニュークリエイター合同展示会」岩田屋 福岡
2017
「パリ ファッションウィーク」Amijedブース フランス
「DISCOVER THE ONE JAPANERE ART」 Galerie JOSEPH Saint Martin  フランス
「UNKNOWN ASIA 2017」 大阪
2018 「A SIGN OF EMOTION」 Masataka contemporary 東京
「第13回タグボートアワード入選者グループ展」 東京
「UNKNOWN ASIA 2018」大阪
2019
個展「Traces Of The Soul」 DMOARTS 大阪

・アートフェア
2018
「ART OSAKA 2018」大阪(DMOARTS)
「Art Expo Malaysia 2018」 マレーシア(LSD)
「PARIS CONTEMPORARY ART SHOW」フランス(Gallery小暮)
「ART ASIA 2018」韓国(Gallery小暮)
2019
「Taipei Dangdai 2019 」台北(Roentgenwerke AG)
「ART FAIR PHILIPPINES 2019」フィリピン(Gallery小暮)
「ART FAIR TOKYO 2019」東京(Gallery小暮)
「ART CENTRAL 2019」香港(Gallery小暮)

・受賞歴
第13回タグボートアワード 入選
UNKNOWN ASIA 2018 審査員松尾良一賞 (TEZUKAYAMA GALLERY)

・メディア掲載
2017 「The Guide Artists」8巻・10巻掲載 スペイン
2018 「The Guide Artists」日本人アーティスト特集号 表紙・作品掲載
    日経プラス10 「アート特集」
2019 アートコレクターズ 3月号