西祐佳里「How I Wonder What You Are?」

国内外のギャラリーやアートフェアなどで作品を発表する画家 西祐佳里。今回の個展は「あなたは いったい なにかしら?」と題され、彼女が描くシュルレアリスティックな世界観へ誘います。観るものを捉えて離さない作品。「西さんは いったい なにかしら?」- たくさんお話しをお伺いしました。

不思議な世界観への扉を開けた中学時代

--京都造形芸術大学ご出身の西さん。割と早いうちから美大進学を目指していた美術女子でした?

  • いえ、高2の進路相談で「美術学校に行きたい!」と思って親に相談しました。最初は反対されましたが、結果やりたいようにさせてくれました。中学では憧れてテニス部に入ったけど「なんか違う」と思って途中から美術部に。ルネ・マグリットの模写の壁画を描いたり、楽しかったです。高校は進学校の一般コースでしたが、美大進学を決めてからは、美術専攻コースに入りそこで勉強しました。

  • --京都造形芸術大学ご出身の西さん。割と早いうちから美大進学を目指していた美術女子でした?

--大学では何を専攻されていたのですか?

  • 情報デザイン学科というデザインコースでした。絵は卒業後もずっと付き合っていけるので、まずは「手に職を付ける」ということを現実的に考えていましたね。デザインの基礎や、WEBデザインのことで今も仕事に活かしています。自由な学風で3回生からアクリル絵の具で今の絵にも通じるシュールな絵を描き始め、卒業制作はゴリゴリの絵とインタラクティブ映像を合わせたミクストメディア作品を出しました。

--西さんの絵でまず目を引くのが、人間の顔が無く、代わりに動物や植物がありますね。どうして顔を描かないのでしょうか?

  • 人間の目を描きたくないのです。目には表情があり、その人の自主性がある。そうなると私が絵の世界観を管理できないんです。描いているときに私が絵を支配して主導権を握るために描かない、というのが大きな理由です。あえてオブラートに包むように目を隠します。

  • --西さんの絵でまず目を引くのが、人間の顔が無く、代わりに動物や植物がありますね。どうして顔を描かないのでしょうか?

--それは子供のころから?

  • いえいえ、子供の時は少女漫画の真似をして目も描いていましたよ(笑)

--では、どういったものが今のシュールな西さんの作品に影響を与えたのでしょうか?

  • 不思議な世界観の映画がとても好きで、そこからの影響がすべての基本だと思います。中学生の時に、市川崑、寺山修司、デヴィッド・リンチにはまりました。陰影のある世界観。フェデリコ・フェリーニの短編映画とかも好きでした。マセていましたね(笑)

--さきほどのマグリットと言い、渋い中学生ですね! なるほど、今のシュールさの片燐を見ました。色についてはどうでしょうか?西さんの色は、レトロでヴィンテージ、暖色の印象、そして外国の匂いがします。

  • 丸みのある色合いのミッドセンチュリーデザインが好きだし、映画の影響も受けています。デヴィッド・リンチの、あの雰囲気。アメリカの片田舎に出てくる部屋ですね。後ろからチェーンソーが出てくるような(笑)

POPであること

--子供のころから絵を描くのが好きでしたか?

  • はい。絵を描くことで会話が始まるのが嬉しかったです。シャイな子供だったので絵がコミュニケーションの一つだったと思います。今は4才の娘と一緒にお絵描きしますよ。

  • --子供のころから絵を描くのが好きでしたか?

--西さんの制作の過程を教えてください。

  • まずフォトショップでイメージを作ります。構図や色やコラージュするものをほぼ決めるのでこれに一番時間を掛けます。その出来上がったイメージを実際に絵で表現していきます。

     

--描く上でのこだわりは何でしょう?

  • POP であることです。ギョロ目キャラや着ぐるみを登場させてファニーさを表したり、今回の展示用に描いた新作では特にピンクや明るめの色を意識したり。絵がシュールなので、色も冷淡だと冷たく映りシリアスになってしまう。あえて色は温かみや明るいものも意識してコントラストを持たせています。

「あなたは いったい なにかしら?」個展について

--個展についてお伺いします。個展タイトルの”How I wonder what you are?”(あなたは いったい なにかしら?)は「キラキラ星」の詩ですね。これを選んだのは?

  • 自分の絵を子供と一緒見る機会が自然と増えました。子供って、シュールなものや不思議なものを見ても、笑いながらありのままを受け止めて、シンプルに問いかけてきます。キラキラ星は、子供が空に光る「何か」に向かって、「あなたはいったいなにかしら?」と素朴な問いかけをしていますよね。そうした無邪気さや「なんだろう?」という真っ直ぐなものをタイトルに込めました。

  • --個展についてお伺いします。個展タイトルの”How I wonder what you are?”(あなたは いったい なにかしら?)は「キラキラ星」の詩ですね。これを選んだのは?

--作品について教えてください。

  • 描き下ろしと過去作品を含め、大小のサイズ合わせて20点くらいの予定です。過去には作品タイトルをあえてカテゴライズし記号化したものにして、観る方に解釈を委ねるようにしていたのですが、今回はすべての作品に物語を想像するきっかけになるようなタイトルを付けています。猫はこれまで描かなかったのですが、今回は猫をモチーフにした作品が数点あります。過去に「Woman」というシリーズで女性の髪や輪郭をベースにした絵を描いていたのですが、そのベースと猫との相性が良くて。猫は女性性を表しているな、と。あと絵の見せ方のこだわりですが、手製の木枠を用意して額装しています。

--DMOARTSは場所柄アート好き含めていろんな方が来廊されます。どんなことを伝えたいでしょうか?

  • DMOARTSでは3年ぶりで、しかも今のフロアになってからは初めてなので、まずはじっくりと全体の世界観と作品を観て頂きたいですね。作品にはタイトルや設定、ストーリーがあるのですが、最終的には観る方に委ねたいと思います。

絵を描き続けていくこと

--これからの西さんの抱負を教えてください。

  • 2005年にdigmeoutに入ってから個展や国内外のアートフェアにも参加できました。今は、当時とは生活のスタイルが変わり、絵との距離感も少し遠いのですが、これからも描き続けていくことを大事にしたいですね。そして映像も好きなので、絵と映像のミクストメディアにもまたチャレンジしたいと思っています。

  • --これからの西さんの抱負を教えてください。

DMOARTS Director’s EYE

  • 西さんの作品は、シュルレアリスティックなモチーフとか、ミッドセンチュリーな雰囲気とか、紹介にもあるような内容はもちろんそうなのですが、ベースにしっかりとしたバックボーンがあることで「クール」な印象を持っていると感じています。突飛なキャラクターを描くと、どうしてもファニーな作品に行きがちなのですが、それとは距離感を保っていることでアート作品としての強度が出ています。ポップさ奥に深みがある作品です。多くの人に知ってもらいたいアーティストの一人ですね。

ARTIST PROFILE

  • 西祐佳里 Yukari Nishi
  • 西祐佳里 Yukari Nishi

    京都造形芸術大学情報デザイン学科卒業
    独特の深いトーンで描かれる風景や人物、動物など、シュルレアリスティックでミッドセンチュリーな絵画を制作。国内外でアートフェア等の展覧会・企画展に多数参加。
    http://ferriswheel.fem.jp
    https://dmoarts.com/artists/yukari-nishi/

協力

ARCHIVES