NEWS

  • UNKNOWN ASIA EXTRA 「ASIAN ART EXCHANGE」開催!

    2016-11-21 01:56

    今年10月にハービスホールで開催されたアートフェア「UNKNOWN ASIA」の盛況を受け出展作家の中からセレクトされた11アーティストの作品がダイビル本館、中之島ダイビル、堂島クロスウォークに再登場する展覧会「ASIAN ART EXCHANGE」が開催されます。
    台湾、タイ、インドネシア、日本から国際色豊かなアーティストの作品がクリスマスの
    中之島、堂島を彩ります。

    <内容>
    UNKNOWN ASIA EXTRA 「ASIAN ART EXCHANGE」
    期間:2016年11月21日(月)- 12月28日(水)
    会場:中之島ダイビル、ダイビル本館、堂島クロスウォーク


    <参加作家>
    Nuttapong Daovichitr(タイ)
    1991年生まれ。Silpakorn Universityヴィジュアルコミュニケーションデザイン卒業後、タイを代表するデザインチーム、PRACTICAL Design Studioに所属。
    日常のちょっとした出来事や、それに関わる人の感情の動きなどを巧みに表現するイラストレーションが特徴でタイ本国を中心に多数のクライアントワークを手がける。
    UNKNOWN ASIA 2016 ダイビル賞。

    Onanong Kaewsomboon(タイ)
    8年間のグラフィックデザイナー経験の後、2015年からアートの世界へ。
    Bangkok Art & Culture CentreやLIXILのショールームなどで個展を開催。
    UNKNOWN ASIAのために描かれたシリーズは、着物を着て南国の花を結う、エスニックな雰囲気漂うタイの女子。
    日本への憧れが瞳に映り、独特の色彩も印象深い。

    Ardneks (インドネシア)
    1989年生まれ、ジャカルタ在住。
    Ardneksはイラストレーター Kendra Ahimsaのユニット名。
    はっぴいえんどやゆらゆら帝国を溺愛する彼が描くサイケなイラストレーションは、日本のポップカルチャーの影響を強く受けているが、どう描いてもアジアのテイストが醸し出されるところが独特だ。
    UNKNOWN ASIA 2016グランプリ受賞。
    堂島クロスウォークに、この展覧会のために描かれた大型作品を公開。

    ABWU(台湾)
    1993年生まれ。台北育ち。
    アパレルブランドで、生地作成、グラフィックデザインを手がける。
    彼女がこれまで経験してきた嬉しい出来事、苦労や葛藤までも取り込んだイラストレーションは、自分の好きな人やお洋服がいっぱい。
    ポップで観る人を楽しくさせる作品たちだ。

    Wei-Hua Linl(台湾)
    1989年台湾生まれ。2年間のグラフィックデザイナー経験の後、大学でアートとデザインを専攻。 中国の伝統文化を学んだ上で制作される刺繍作品は彼女の心象風景を表現しており、抽象性も高く、観る人に様々な物語を想像させる。 2016年台湾で初個展を開催。

    manamu (日本)
    1989年生まれ。大阪在住。明るい性格で誰とでも仲良く!をモットーに活動中!
    メルヘンでファンタジーなモチーフが特徴的な造形作品を制作。
    赤いキノコやかわいらしいお家、お城モチーフのオブジェなどをアイコンにアクセサリーやオブジェを百貨店などで販売。
    他ジャンルのクリエイターとコラボレーションし映像アニメーションを制作展示も。

    Rina Iwai (日本)
    神奈川県出身。女子美術短期大学情報デザイン科卒業。
    2008年、渡米後フリーのイラストレーターとして活動開始。
    2014年、拠点を日本に移す。割り箸で描くイラストレーションで、雑誌、書籍、広告、ディスプレイ、雑貨、W e b 、カタログ、パッケージ、似顔絵を描くイベント等、幅広く活動中。

    大野まみ (日本)
    1962年東京生まれ。PCゲームのグラフィックデザイナーを経て2003年セツモードセミナー入学。
    卒業後イラストレーターとして、雑誌、書籍などの仕事をする傍ら、ハンドペインティング作品を制作。
    ファッション雑誌の上から大胆に色を重ねた作品は、元の写真の影響は遠くなり、色とモードが再構成されたスタイリッシュな抽象へと変貌している。

    新田さやか(日本)
    1990年大阪生まれ。2012年写真家として活動開始。
    自分の表現したい世界を背伸びせず撮り切る気鋭のヤングフォトグラファー。
    2014年 御苗場関西vol.15にて、digmeout賞・テラウチマサト賞 受賞。
    2015年 ガールズバンド「絶景クジラ」とのコラボレーションによる個展「ZEKKEI」をdigmeout Art&dinerにて開催。

    Maico Kodaira(日本)
    出版社、ジュエリーブランドのデザイナーを経て2015年SOLOに。
    チマチマとした手の跡を感じさせる作品やデザインが魅力。
    日々の暮らしに潜む、小さな驚きや喜び、それらを丁寧に採集し、ビニールのポチ袋に入れてコレクションされた展示は、同じ感覚を持った人たちに静かに囁きかける。

    二宮佐和子(日本)
    1980年大分生まれ。バンタンデザイン研究所 グラフィックデザイン科卒業。
    2013年より始めた刺繍作品は、絵画、ファッション、インスタレーション、平面、立体、空間、とあらゆるものを糸と針で、縫い刺して作品に。UNKNOWN ASIA会場でも話題を集めた刺繍山の立体作品がダイビル本館に登場。

    <会場情報>
    中之島ダイビル、ダイビル本館
    開催時間 7:30-23:30
    京阪中之島線「渡辺橋駅」直結
    地下鉄四ツ橋線「肥後橋駅」徒歩6分
    堂島クロスウォーク
    開催時間 7:30-23:30
    京阪中之島線「中之島駅」徒歩3分
    JR東西線「新福島駅」徒歩3分
    阪神本線「福島駅」徒歩3分
    http://www.dojimacross.com/

  • chiaki kohara が日本女子博覧会 2016 に出展します。

    2016-10-23 01:53

    2016年10月23日(日)インテックス大阪にて開催される
    「日本女子博覧会 -JAPAN GIRLS EXPO 2016-」にchiaki kohara が出展します。

    「日本女子博覧会」とは、音楽ライブやエンタメショーを観て楽しむのはもちろん、食べて、おしゃれして、キレイになって、笑って、占いもできる、体験・体感型の欲張り女子会。
    国内外の人気アーティスト、DJ、アイドル、ファッション、ビューティー、お笑い、グルメ&スイーツ、占い、アート、サブカルから日本の伝統音楽まで、ジャンルレスに大集結するイベントです。
    2回目の参加となるchiaki kohara は会場内の特設ブースでライブペイントを開催するほか、原画作品の展示・販売、グッズの販売などもおこないます。
    1日のみの開催となる女子の祭典、ぜひお越しください。

    chiaki kohara
    1986年7月7日生まれ。
    アクリルガッシュとボタンやレース、お菓子のパッケージなど様々な素材で描かれる大きな耳に奔放に手足の伸びた女の子たちや動物。
    その極彩色の世界観は、女の子なら一度は憧れたであろうワンダーランド。
    現在は国内外のアートフェアにも参加し、多くのファンを生み出している。
  • 第10回 青参道アートフェア に参加します。

    2016-10-20 01:40

    「青参道アートフェア」とは、2007年に青山通りと表参道を結ぶ「青参道」で初めて開催されたアートフェアです。
    青参道を拠点に、アートで通りが賑わうこと、そして現代アーティストの作品を楽しむことを目的としたエリア型アートイベントです。
    このイベントの特徴は、店舗スペースがそのままアートを展示する会場になるということ。
    ショッピングやカフェを楽しむようにアートを楽しみ、欲しくなったら購入することもできます。
    記念すべき 10 回目のテーマは「私の好奇心に火がつくような」。
    通りを彩るアート、作品と参加ショップのコラボレーション、パーティーや体験型ワークショップ、屋外カフェなど芸術の秋、そして文化の秋に、青参道で好奇心に火がつくような経験をお楽しみください。
    DMOARTSからは、弊廊ディレクターの高橋亮がbuggy、riya、冨永絢美の3作家の作品をキュレーションしました。
    buggy、riyaの作品は、「THE BURGER STAND FELLOWS」で展示します。
    ジューシーな炭火焼きバーガーを頬張りつつ、アメリカンな気分に浸ってみてはいかがでしょう。

    【buggy】
    女性ファッション誌のイラストレーションを中心に、CDジャケットやTシャツのデザイン、ライブペインティングなど、常にファッションとポップカルチャーのシーンの中で活動し、話題を集める。
    「ASOKO」のファサードやコンセプチュアルホテル「Rock Star Hotel」の全ヴィジュアルを手掛けるほか、グループ展や個展などでも活躍する。
    その他、ブランドやメーカーとのコラボレーションでオリジナル商品なども多数リリースするなど、多岐に渡って活動を続ける。

    【riya】
    1985年アメリカ、シカゴ生まれ。
    切り絵作家。切り絵の手法で、動物や人間、波、雲、炎、星などのアイコンを並べ、エコロジカルな視点を感じさせながら、どこか呪術的、民族的な作品を制作する。

    なお、同会場では TEZUKAYAMA GALLERY の岡田慎平氏キュレーションによる岩田小龍氏の作品も合わせてご覧いただけます。

    【「THE BURGER STAND FELLOWS」について】
    100%ビーフを使用したパティは毎朝手作りで、野菜は契約農家より毎日直送。
    注文をもらってから炭火でビーフパティを焼き上げるという、美味しさをとことん追求している炭火焼きバーガースタンド。

    一方、冨永絢美は、地中海料理が楽しめる「表参道BACCHUS」の1Fで展示をします。
    冨永は東京での発表の機会はないので、この機会にぜひご覧ください。

    【冨永絢美】
    1988年生まれ。長崎出身。
    コラージュ作品を中心に制作。
    特に作品にテーマを与えず、感を頼りに画面構成していく。
    デザイン性があり鮮やかで軽やかな抽象平面が特徴。
    2016年 京都嵯峨芸術大学短期大学部美術学科 卒業

    こちらの会場では、hpgrp gallery tokyo の坂井俊之氏キュレーションによる福井伸実氏のイラストレーション作品も合わせてご覧いただけます。

    【「表参道BACCHUS」について】
    地中海料理を楽しめるレストラン。
    30種以上のワインを用意している。
    隔週木曜日には、フラメンコギターライブも開催される(ライブの開催日が変更になる場合もあり)。

    【開催概要】
    第10回青参道アートフェア 私の好奇心に火がつくような -
    会期: 2016年10月20日(木)~10月23日(日)
    時間: 参加店舗の営業時間に準ずる
    オープニングパーティー:10月20日(木) 18:00-21:00
    (一部パーティーを行わない店舗もございますのでご了承ください。)
    対象エリア・会場: 青参道一帯の店舗他、青山、表参道、原宿など約40店舗
    入場料:無料
    主催:アッシュ・ペー・フランス株式会社
    企画:青参道アートフェア実行委員会
    URL:http://hpgrpgallery.com/aosandoartfair

  • Coming new gifted artists at 梅田蔦屋書店

    2016-10-01 01:28

    10/1 Sat. -10/20 Thu.
    ルクアイーレ 9F 梅田蔦屋書店
    芸術の秋。DMO ARTSがプロデュースするアート作品を展示します。
    場所は梅田蔦屋書店 ガーデンラウンジ。
    書店で本を選ぶように、アートを選んでみてはいかがでしょうか。
    これからの活躍が期待できる、豊かな才能を持つアーティストの原画作品をメインに、My First Artも展示します。
    あなたの生活にアートで新しい彩りを。

    【出展作家】
    p朝日聡子
    2003 多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業
    個展
    2005 焦点距離   switch pooint
    2006 泉湧く庭   switch point
    2007 walkabout   森岡書店
    2008 花がたみ   森岡書店
    2009 花の形見に  Gallery b.tokyo
    2011 湖水の窓   森岡書店
    2012 BLEACH   Gallery Q
    2015 000     DMO ARTS
    受賞
    2004 シェル美術賞本江邦夫審査員賞受賞
    コレクション
    昭和シェル石油株式会社

    神田ゆみこ
    1980年生まれ。2007年セツ・モードセミナー卒業。
    イラストレーターとして書籍・雑誌・広告等で活動中。
    アクリルガッシュを用い、日常における「もの」の美しさや面白さを、質感豊かに描く。
    2010年 Canvas@Sonyアートウォールオーディション グランプリ受賞。
    2011年 HBファイルコンペ 仲條正義賞受賞。

    カンバラクニエ
    京都生まれ京都在住。イラストレーター。
    書籍の装丁、CDジャケットのアートワーク、雑誌等での挿絵、大手百貨店、家電、化粧品、アパレルメーカーの広告等。
    デザイナーとして洋服のブランド、ふりそでブランドも持っていた経歴もあり。
    近年、京都の木版刷工房と共に現代の浮世絵「いまうきよえ」を発表。
    自身の風呂敷のブランドもスタート。
    イラストにとどまらず幅広く活動中。
    作品集『RESET』(リトルモア刊)『ECHO』(フォイル刊)イラストエッセイ集『すりばち眼鏡』(ロッキングオン刊)。
    クニエ会HP http://www.kuniekai.com



    谷川千佳
    1986年、富山県生まれ、大阪府在住。
    2010年、神戸大学発達科学部卒業。
    日常で感じる想いや記憶をもとに夢と現実を繋ぎ合わせ、少女や情景を通して幻想的な世界を描く。
    関西を中心に東京での展覧会や海外のアートフェア等で作品を発表し続ける他、書籍の装画やCDジャケットのアートワークを担当するなど、フリーランスのアーティスト / イラストレーターとして幅広く活躍中。

    冨永絢美
    1988年生まれ。長崎出身。
    コラージュ作品を中心に制作。
    特に作品にテーマを与えず、感を頼りに画面構成していく。
    デザイン性があり鮮やかで軽やかな抽象平面が特徴。
    2016年 京都嵯峨芸術大学短期大学部美術学科 卒業
    個展 2011年「せいとかしとか愛とか」KTNギャラリー
    2014年「コラージュ展」京都嵯峨芸術大学
    2015年「warp!」京都嵯峨芸術大学

    グループ展
    2014年「透明」京都嵯峨芸術大学
    2016年「Collage Nouveau」SUNABA GALLERY

    アートフェア
    2016年「ART OSAKA 2016」ホテルグランヴィア大阪
    「UNNKOWN ASIA」ハービスホール

    中比良真子
    1979年 滋賀県生まれ。 2004年 京都精華大学大学院修了。
    どこにでもある風景や人物などをモチーフに、はっきりと見えなくても確かに存在する、移ろいやすい一瞬の情景を油彩で描く絵画作家。
    作品はいくつかのシリーズに分かれ、それぞれが異なったテーマを持つが、一貫してその表現方法はシンプルで見る者にイメージを想起させるような内容となっている。
    個展
    2003年 WATERING(ノマルエディション/プロジェクトスペース/大阪)
    2004年 blooming(neutron kyoto /京都)
    2006年 bird eyes(neutron kyoto /京都)
    2008年 The world turns over(neutron kyoto/京都)
    2009年 here,there(neutron tokyo/東京)
    2010年 Stars on the ground(neutron kyoto/京都)
    2011年 Stars on the ground(neutron tokyo/東京) ,Sunny Water(deem FIVE MANSION GALLERY/神戸)
    2012年 The world turns over(gallery near/京都),The world turns over(neutron tokyo/東京),Returns of The world turns over(くちばしニュートロン/京都)
    2013年 Transparent room(gallery near/京都),Point(京都精華大学7号館7-23ギャラリー/京都)
    2014年 border(DMO ARTS/大阪)
    2016年 On the way home(DMOARTS/大阪)

    西野彩花
    1992年、大阪在住。
    2015年、京都精華大学造形学科洋画コース卒業。
    DMOARTSにてARTOSAKA出品。
    個展「一齣」展開催など。

    森下茅
    1991 兵庫県生まれ
    2014 京都造形芸術大学美術工芸学科洋画コース 卒業
    2016 京都造形芸術大学大学院 芸術表現専攻 ペインティング領域 修了
    ART OSAKA 2016 , HOTEL ANTEROOM KYOTO 等出品。
  • ワンピースとタイツとDMOARTS in高松

    2016-09-16 01:16

    2016年9月16日(金)-10月16日(日)
    8月のお披露目から一月、ワンピースとタイツとDMOARTSの巡回展を開催いたします
    「ワンピースとタイツ」はラフォーレ原宿に本店を構えながら全国各地でイベントも開催。
    アーティストの作品をワンピースとタイツに落とし込みより身近な存在にするためのブランドです。
    この度、ギャラリースペースが併設されたワンピースとタイツの直営店が香川県高松市にオープンしました。
    記念すべき第一回目の企画展をDMOARTSがプロデュースいたします。

    DMOARTS/digmeoutとコラボレーションした9名のアーティストのワンピースやタイツ、また、その元となった原画をはじめ、人気作家のMy First ARTやオリジナルグッズも展開いたします。

    会場 ワンピースとタイツ 高松店
    〒760-0029 香川県高松市丸亀町5-3

    eimi (エイミ)
    1986年生まれ。新潟県出身 東京都在住。
    デザイン学校卒業後、デザイナーを経てフリーのイラストレーターになる。
    一度見たら忘れられない、ちょっぴり毒のあるポップな女の子は10代~20代の女の子から支持を集めている。
    雑誌、書籍、イベント、テレビ番組のイラストのほか、渋谷109、PARCOなどのイラスト広告やコラボグッズイラストなど多岐にわたる。
    国内での活動に加え、2010年からLAを始め、N.Y.、スペイン、イギリス、香港などのギャラリーでも作品展示を行い、海外からも注目を集めている。
    ワンピースとタイツのデザインは少女とユートピアのコラージュになっており、強いピンクがスタイリッシュなデザインです

    北澤平祐(きたざわへいすけ)
    イラストレーター/デザイナー 横浜市生まれ。魚座。東京都在住。
    アメリカに16年間在住後、帰国してイラストレーターとしての活動を開始。
    「さよならドビュッシー/中山七里」(宝島社)、「大地のゲーム/綿矢りさ」(新潮社)、「別冊文藝春秋」(文藝春秋)など多数の雑誌、書籍の装画や、Her Space HolidayのアルバムをはじめとするCDのアートワーク、東急プラザ、Marmot、大阪音楽大学などの広告からKenzoの香水パッケージングまで国内外の幅広い分野でイラストを提供。
    「これはペンです/円城塔」(新潮社)の装画で、講談社IN☆POCKET 文庫装幀大賞を受賞。
    digmeout 05に参加。 ワンピースとタイツのデザインは「Cells are beautiful.and so are you 」というタイトルの作品より。
    細胞がモチーフになっており、有機的な幾何学模様のようです。

    鬼頭祈(きとう いのり)
    1991年静岡生まれ。京都造形芸術大学日本画コース卒業。
    日本画の画法を生かし、広告、ファッション誌など多方面で活動中。
    主な個展に、「little people」pixivZingaro(中野)等。
    第190 回ザ・チョイス入選(江口寿史氏審査)。
    『Soup.』誌にて占いページイラスト担当中。
    ワンピースとタイツのデザインはもちろん小人達のパラダイス。
    色鮮やかなイチゴやキャンディと戯れる様がファニーです

    chiaki kohara(チアキコハラ)
    1986年7月7日生まれ。
    アクリルガッシュとボタンやレース、お菓子のパッケージなど様々な素材で描かれる大きな耳に奔放に手足の伸びた女の子たちや動物。
    その極彩色の世界観は、女の子なら一度は憧れたであろうワンダーランド。
    現在は国内外のアートフェアにも参加し、多くのファンを生み出している。
    ワンピースとタイツのデザインは、ネコやタコ、フクロウやネズミなど個性の強いキャラクター達が登場し、chiaki kohara独特の色彩感のもと美しいハーモニーを奏でています。

    ヘロシナキャメラ
    1983年生まれ新潟県出身、東京都在住。
    2006年長岡造形大学 産業デザイン学科卒。
    強烈なキャラクターを鮮烈な色彩で描きながらも、誰もが少し笑ってしまうようなユーモア溢れる作品が特徴。
    ノスタルジックでファンタジーな独特の画風が熱狂的な支持を集めている。
    ワンピースとタイツのデザインは、レトロポップなオールドマジック柄と、ヘロシナキャメラが愛してやまない柴犬のパターン柄です。

    松園量介(まつぞのりょうすけ)
    1984年生まれ 東京在住  カラーインクの濃淡で何処か遠くの不思議な風景や、おとぎの国の生き物達を描く。
    その静謐な絵は見る者の記憶の底にあるような、既視感を伴い幻想的である
    2007 ハートランドビールドローイングビエンナーレ受賞/トーキョーワンダーシード 2009 2010 
    2012入選/第191回ザ・チョイス入選
    2016 林真理子×小島慶子 [女の七つの大罪」表紙イラスト 家庭画報連載 原田マハ 「移動祝祭日」 挿絵など ワンピースとタイツのデザインは、北欧の神話のような、動物や魔法使いの輪舞がみずみずしい青色で描かれています。

    MIREI(ミレイ)
    1974 沖縄生まれ
    1998 沖縄県立芸術大学デザイン科卒業
    2008 パリ個展
    2010 出産をきっかけに空想の花々を描くようになる。
    その後 peaceful gardenとしてアート作品やカレンダーを発表
    2013 夫と共にギャラリーショップ RENEMIA オープン(沖縄) ワンピースとタイツのデザインは、明るい色合いで花々を描き、ピースフルで優しいものに仕上がっています。

    南景太(みなみけいた)
    1981年東京都生まれ。
    セツモードセミナー、MJイラストレーションズ卒業。
    主にオイルパステルを用い、ポップ・シュール・ダークが共存する、色鮮やかで少し不思議な世界を描く。
    自分の絵をPCでコラージュしたデジタル作品も展開。 雑誌の挿絵、絵本、飲食店メニューブック、演劇チラシなどのイラストレーションを手がける。個展、グループ展多数。
    2014年 第15回ノート展 大賞、第12回TIS公募 銀賞。
    2015年 UNKNOWN ASIA 審査員・谷口純弘賞、第197回ザ・チョイス 入選、第12回グラフィック1_WALL 入選など。
    ワンピースとタイツのデザインは、独特なタッチのキャラクターや木が配置されており、明るい色合いながらも何処か静かな、不思議な風景になっています。

    元永彩子(もとながあやこ)
    1982年 山口県生まれ。
    2007年 京都市立芸術大学 美術学部 構想設計専攻卒業。
    在学中はアニメーションを制作。卒業後デザイン会社を経て、 2009年からドローイングを描き始め、2011年より本格的に活動を開始。
    ワンピースとタイツのデザインは、鉛筆で描かれた精密で素朴な線が生かされた鳥や熊達のパターン柄。
    シュールな持ち味が存分に発揮されています。
  • Living Art Collection 2016 開催

    2016-09-07 01:12

    Living Art Collection 2016
    会期:9/7 wed. - 9/27 tue.
    場所:阪急うめだ本店 7F comfort Q
    現代のライフスタイルに合わせて空間とスタイリングを提案するインテリアショップ「comfort Q」が開催するアートイベント「LIVING ART COLLECTION」に参加します。

    DMOARTSは、阪急うめだ本店7階のコンフォートQのアートプロデュースを担当し、act_、朝日聡子、安瀬英雄、神田ゆみこ、中比良真子、松園量介、mic itayaの作品を展示・販売します。
    数々のインテリアとともにアート作品を鑑賞していただき、アートのある生活空間をぜひお楽しみください。
  • ワンピースとタイツとDMOARTS <阪急うめだ本店>

    2016-08-03 01:11

    2016年8月3日(水曜日)-8月9日(火曜日)
    10時-20時(金曜日、土曜日は21時まで、最終日は17時まで)
    阪急うめだ本店10F スーク中央街区

    毎年8月の恒例、今年も参加いたします「スークなアートフェス」

    「ワンピースとタイツ」はラフォーレ原宿に店舗を構えながら、全国各地でイベントも開催。
    アーティストの作品をワンピースとタイツに落とし込みより身近な存在にするためのブランドです。
    このたびDMOARTS/digmeoutと初のコラボレーション。
    9名のアーティストの作品をワンピースとタイツに仕立てます。また、ワンピースになった作品を展覧するほか、オリジナルのマスキングテープも販売します!

    参加作家
    eimi
    http://mannequin-v.hippy.jp/
    北澤平祐
    http://www.hypehopewonderland.com
    鬼頭祈
    http://inorikito.tumblr.com
    chiaki kohara
    http://www.chiakikohara.com/sp/
    ヘロシナキャメラ
    http://www.heroshinakyamera.net
    松園量介
    http://matsuzonoo.wix.com/mysite
    MIREI
    http://www.mirei.net
    南景太
    http://minamikeita.com/
    元永彩子
    http://ayakomotonaga0527.tumblr.co
    MAMES
    http://www.yokaimames.jp/



    涼しげなアートグッズも並びます
    ワンピースとタイツに合わせて夏を楽しむ、透き通るアクセサリーやグッズも集めます
    参加作家
    ui.
    http://ui-shop.net
    HIGH WIDE LIFE
    http://instagram.com/taka3hiro7
    NAOTO KITA
    http://instagram.com/naoto.kita
    marimi03
    http://marumi03.petit.cc
    BELLEZZA
    http://www.kanakotogawa.com
    池内康祐
    http://www.azumino-glass.com/staffworks/kousukeikeuchi.html
    和田絢太郎
    http://www.kentarowada.com/
    富永一真
    安達知江
  • ART OSAKA 2016 に出展します

    2016-07-01 00:52

    2016年7月1日(金)-7月3日(日) ホテルグランヴィア大阪 26階
    DMOARTSはJR大阪駅直結のホテルグランヴィア大阪 26階で開催される「ART OSAKA 2016」に出展します。
    ART OSAKAは現代美術に特化したアートフェアで、今年で第14回目の開催。
    ホテルの客室をそれぞれのギャラリーの展示スペースとし、今年は国内外から53ものギャラリーが出展します。
    出展作品は新人作家の手頃な作品から国際的に活躍する著名作家のマスターピースまで、ジャンルも絵画・彫刻・版画・写真に限らず空間全体を使ったインスタレーションまで、質の高い現代美術を一堂にご覧いただける場となっています。
    生活空間に近いホテルの客室で、多くのギャラリーの展示をご覧いただき、その場で作品を購入いただけるアートフェアです。

    DMOARTSからは、中比良真子/西野彩花/谷川千佳/Aiwei Foo/冨永絢美/森下茅/GOMAの7作家の作品を展示します。
    それぞれの作家自身にとって身近なもの、風景、感情、そして自分自身をモチーフに作品を制作する作家たち。
    各作家の新作、未発表作品を中心に展示します。
    DMOARTSは「6006号室」で皆様のお越しをお待ちしております。

    【開催概要】
    ・開催日時 7月1日(金)ー7月3日(日)
    プレヴュー 7月1日(金)14:00-20:00
    ※招待者、プレス関係者のみ
    一般公開  7月2日(土) 11:00ー20:00、7月3日(日) 11:00ー19:00
    ・場所 ホテルグランヴィア大阪 26階
    〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田3-1-1
    ・入場料 ¥1,500/1 Day Pass
    ART OSAKA ホームページ http://www.artosaka.jp/jp/



    【出展作家】
    中比良真子
    1979年滋賀県生まれ、2004年京都精華大学大学院芸術研究科造形専攻修了。
    水や花、風景や人物などをモチーフに、はっきりと見えないもの・移ろいやすく儚いものを描き続ける絵画作家。
    作品はいくつかのシリーズに分かれ、それぞれが異なった世界観を持つが、一貫してその表現方法はシンプルで時にはデザイン的でもあり、見る者にイメージを想起させるような作品となっている。
    京都・大阪を中心に定期的に作品を発表しており、近年では東京に進出するなど活動の場を広げている。

    西野彩花
    1992年 大阪生まれ。
    2015年 京都精華大学造形学科洋画コース卒業。
    日常生活の中で気になった何気ない風景などをカメラで撮影し、キャンバス上でトリミングを施し、焦点をずらした、マットな質感を持つ油絵作品を描く若手作家。
    同じ情景であっても、天候や時間などによって光の見え方が変わることから、スナップ的に絵画作品を制作し続けている。

    谷川千佳
    1986年、富山県生まれ、大阪府在住。
    2010年、神戸大学発達科学部卒業。
    日常で感じる想いや記憶をもとに夢と現実を繋ぎ合わせ、少女や情景を通して幻想的な世界を描く。
    関西を中心に東京での展覧会や海外のアートフェア等で作品を発表し続ける他、書籍の装画やCDジャケットのアートワークを担当するなど、フリーランスのアーティスト / イラストレーターとして幅広く活躍中。

    Aiwei Foo
    シンガポール在住。
    2011年、彼女がヘルシンキ滞在中にスタートした “The Beaming Girl” は、スタイリッシュなスタイリングの彼女の目がまぶしく輝くセルフ・ポートレート。
    撮影する都市と季節を変えながら現在も継続されているこのシリーズはシンガポールを起点に世界で話題を集めています。
    写真作品のみならず、ファッション、映像、スタイリングなどマルチに活躍している彼女の作品は、自らを被写体に、自身の変革とエンパワーメントを表現しています。
    アジアンヤングアートの新しい可能性を感じ、「UNKNOWN ASIA 2016」のイメージキャラクターに起用されました。

    冨永絢美
    長崎出身、京都在住。
    2009年 多摩美術大学造形表現学部映像演劇学科中途退学
    2016年 京都嵯峨芸術大学短期大学部美術学科卒業
    紙にアクリルで描いた線や印刷物から風景や人体の一部などを切り抜き、見る人が楽しめるようなカラフルな色彩のコラージュを制作。

    森下茅
    1991 兵庫県生まれ
    2014 京都造形芸術大学 美術工芸学科 洋画コース 卒業
    2016 京都造形芸術大学大学院 芸術表現専攻 ペインティング領域 卒業
    一瞬の情景を切り取った油彩画を制作する絵画作家。
    モチーフは人物や風景から、ぶれた図像や線だけの作品など多岐に渡る。
    個々の作品が集合することで連続性が生まれる。

    GOMA
    大阪府出身。オーストラリア先住民族の管楽器ディジュリドゥの奏者・画家。
    1998年にオーストラリア・アーネムランドにて開催されたバルンガディジュリドゥコンペティションにて準優勝。
    ノンアボリジニ奏者として初受賞を果たす。
    2009年 交通事故に遭い外傷性脳損傷と診断され、高次脳機能障害の症状が後遺し活動を休止。
    事故後まもなく突然緻密な点描画を描き始める。
    2010年 初の個展『記憶展』がTVや新聞にも取り上げられ社会的な関心を集める。
    2011年 フジロックフェスティバルにて再起不能と言われた事故から苦難を乗り越え音楽活動を再開。
    2012年 GOMAを主人公とする映画「フラッシュバックメモリーズ3D」が東京国際映画祭にて観客賞。
    2013年 韓国全州国際映画祭で最優秀アジア映画賞、2014年おおさかシネマフェスティバルにて音楽賞を受賞した。
    GOMAの初書籍「失った記憶 ひかりはじめた僕の世界」を7月末発売予定。

  • 枚方T-SITEでDMOARTS期間限定フェアを開催

    2016-05-16 00:31

    京阪枚方市駅前に5/16(月)オープンの商業施設「枚方 T-SITE」にてオープニング企画として、DMOARTSのアート作品を展示、販売をおこないます。
    5/16(月)から6月12日(日)までの予定で、3F 蔦屋書店内でMy First ARTの展示を開催します。
    「アートと暮らす」をテーマに、My First ARTをはじめとしたアート作品を、様々な書籍とともに展示します。
    アートをもっと身近に感じてもらうため、飾りやすいサイズ、お求めやすい均一価格で、普段の生活に取り入れやすくご提案しているMy First ARTのシリーズ。
    約700種類以上ある作品の中から、一部をセレクトして展示、販売しています。
    本を選ぶように、本と飾るように、アート作品と暮らしてみてはいかがでしょうか。

    My First ARTフェア
    会期 | 5/16(月)-6/12(日) (予定)
    場所 | 枚方 T-SITE 3F 枚方蔦屋書店
    営業時間 | 7:00-25:00 (不定休)
    枚方 T-SITE

    【アート作品展示】
    枚方T-SITEの3F 枚方蔦屋書店のイベントスペースにて、5/20-5/22の3日間限定で原画を中心とした展示をおこないます。
    アート作品を見ながら、本を探したりコーヒーを楽しむこともできます。
    ご自宅にも飾りやすい作品をこの機会にぜひご覧ください。

    会期 | 5/20(金)-5/22(日)
    場所 | 枚方 T-SITE 3F 枚方蔦屋書店 イベントスペース
    営業時間 | 7:00-25:00

    永井博(Hiroshi Nagai)
    長年にわたって多くのレコードやCDのジャケット、広告やポスターなどのデザインを手がけてきたイラストレーター。
    ジャパニーズ・シティ・ポップの金字塔である大瀧詠一「A LONG VACATION」のアートワークは、日本ジャケットデザイン史に残る名作と言われている。
    高画質美術印刷「ジークレープリント」で制作した作品は、DMOARTSでしかお求めいただけない貴重な作品。
    限定エディション、作家による直筆サイン付き。

    中村muchoよしてる(Nakamura mucho Yoshiteru)
    大阪在住のアーティスト。
    日常で見つけたものを素材に、コラージュの技法で作品を制作している。
    古着やマッチ箱、エアメイルなどから人懐っこいキャラクターを生み出すことを得意とする。
    広告や展覧会を中心に活動中。

    Aiwei Foo
    シンガポール在住。
    2011年、彼女がヘルシンキ滞在中にスタートした “The Beaming Girl” は、スタイリッシュなスタイリングの彼女の目がまぶしく輝くセルフ・ポートレート。
    撮影する都市と季節を変えながら現在も継続されているこのシリーズは、シンガポールを起点に世界で話題を集めています。
    写真作品のみならず、ファッション、映像、スタイリングなどマルチに活躍している。

    山代婉娜 (Enna Yamashiro)
    1990年生まれ。
    大阪デザイナー専門学校 イラストレーション学科/研究科卒業。
    展示やライブペイントをはじめ、CDジャケットやファッション、広告など様々なアートワークを手掛ける。
    フリーランスのアーティスト/イラストレーターとして多方面で活動中。婉娜は中国国籍時の本名より。
    万物流転のなかには常に陰陽が存在しています。
    そこから気づき、生まれる想いや願いを切り拓いて唄い放つような線で描いてゆきたいと思っています。

    出口春菜(Haruna Deguchi)
    1982 京都生まれ 京都在住
    2004 京都造形芸術大学空間演出デザイン学科ファッションデザインコース卒業
    在学中に銅版画に出会い、銅版画での作品制作を始める。
    銅版画でしか表現できない独特の雰囲気や作業工程に惹かれ、創作に没頭する。
    女性らしさ、詩情、かろやかさ、遊び心を大切にした作品は多くの方の支持を集めている。

    【堀本勇樹 似顔絵制作イベント】
    digmeoutアーティスト、堀本勇樹による似顔絵制作イベント、HNS(ホーリー似顔絵サービス)を開催します。
    1日のみの開催で、その場でお客様の似顔絵を描いていきます。
    日時 | 5月22日(日) 13:00-18:00
    場所 | 枚方T-SITE 3F 蔦屋書店 イベントスペース
    参加費 | お一人様2,000円(コーヒーorジュース付)
    一枚に2名様まで可能(お二人様4,000円)
    所要時間 | お一人様約20分・お二人様約40分
    申込方法 | 事前予約優先制です。枚方蔦屋書店3F、メインカウンターにて、時間別チケット発売中。
    詳しくは3階メインカウンター・スタッフまでお尋ねください。
    TEL 072-844-9000

    堀本勇樹
    1981年大阪生まれ。大阪在住。
    2015年野外フェス「RUSH BALL」のTシャツデザインや「psybava」、「前川サチコとグッドルッキングガイ」のアートワークを手がける。
    京阪グループとのコラボレーション「MOVING! KYOBASHI」に抜擢され、京橋駅に40mの大壁画を制作。
    関西を中心に宮崎、高知などでも個展を開催。
    一昨年よりHNS(ホーリー似顔絵サービス)を本格始動し、SNS上で話題となっている。
  • DMOARTSはYoung Art Taipei 2016に出展します

    2016-04-22 00:20

    【日時】 4月22日(金)-4月24日(日)
    VIPプレヴュー 4月22日 15:00-20:00
    一般 4月23,24日 12:00-20:00
    【場所】Sheraton Grande Taipei No. 12, Section 1, Zhongxiao East Road, Taipei, Taiwan
    DMOARTSは966号室です。

    【出展作家】
    菅野麻衣子、鬼頭祈、谷川千佳、西野彩花、西祐佳里、南景太、riya

    DMOARTSはYoung Art Taipeiに出展します。
    今年で8回目となるヤングアート台北は、シェラトンホテルで開催されるホテル型アートフェアです。
    45歳以下の若手、新進気鋭のアーティストに焦点を当てたフェアで、DMOARTSからは菅野麻衣子、鬼頭祈、谷川千佳、西野彩花、西祐佳里、南景太、riyaの7名の作品を出展します。
    各作家の新作を台北で発表しますので、台北にお越しの方はぜひお立ち寄りください。

    【作家紹介】
    菅野麻衣子(かんのまいこ)
    アーティスト/イラストレーター
    1983年生まれ。仙台市在住。東北生活文化大学を卒業。
    International Art FairやAffordable Art Fairなどロンドンのアートフェアに参加。
    ロサンゼルスやニュージーランド等でグループ展、
    GALLERY SPEAK FOR(代官山)や地元仙台で個展を開催。
    ロックバンド Brian the SunのCDジャケットイラストや、仙台市のIC乗車券icscaカードデザインを担当。

    鬼頭祈(きとういのり)
    1991 年生まれ。イラストレーター/ 日本画家。
    京都造形芸術大学 日本画コース卒業。
    日本画の画法を生かし、雑誌、広告など多方面で活動。
    最近の仕事に、ファッション誌「Soup.」占いイラスト、TVアニメ「おそ松さん」コラボグッズデザインなど。
    主な個展に、「little people」pixivZingaro(中野)、「ambient girls」DMOARTS(大阪)等。
    第190 回ザ・チョイス入選(江口寿史氏審査)。

    谷川千佳(たにかわちか)
    1986年、富山県生まれ、大阪府在住。2010年、神戸大学発達科学部卒業。
    国内外で作品を発表し続けるほか、三津田信三「どこの家にも怖いものはいる」(中央公論新社)、乾ルカ「奇縁七景」(光文社)の装画や、Foxtails BrigadeのCDカバーを担当するなど、フリーランスのアーティスト / イラストレーターとして幅広く活躍中。
    最近の主な個展に、「約束」(2015年、大阪・ondo / 東京・GALLERY SPEAK FOR)、「colorful」(2015年、東京・ポポタム)、「冬の融点」(2016年、大阪・DMOARTS)等。

    西野彩花(にしのあやか)
    1992年 大阪生まれ。
    2015年 京都精華大学造形学科洋画コース卒業
    2015年 7月 ART OSAKA 2015
    2016年 2月 個展「一齣」DMOARTS
    同じ情景でも天候、時間によってその見え方は移り変わってきます。
    その一瞬を記録できるが故に、写真をモチーフにしています。
    ものを写すには人の肉眼にしろ写真にしろ、光が最も重要なものです。
    私はそれは絵画にも当てはまるだと考え、制作を続けています。
    モチーフにする際、写真に写った風景の一部分を切り取る形で描いています。
    小さく完結された世界を通して、その場の光溢れる風景を感じ取れる作品にしたいです。

    西祐佳里(にしゆかり)
    京都市在住
    京都造形芸術大学情報デザイン学科卒業。
    独特の深いトーンで描かれる風景や人物、動物など、シュルレアリスティックでミッドセンチュリーな絵画を制作。
    国内外でアートフェア等の展覧会・企画展に多数参加。
    絵画やイラストを用いたポスターやジャケットデザイン、アーティストツアーグッズ、PVなどの映像作品も制作。

    南景太(みなみけいた)
    1981年東京都生まれ。
    セツモードセミナー、MJイラストレーションズ卒業。
    主にオイルパステルを用い、ポップ・シュール・ダークが共存する、色鮮やかで少し不思議な世界を描く。
    自分の絵をPCでコラージュしたデジタル作品も展開。
    雑誌の挿絵、絵本、飲食店メニューブック、演劇チラシなどのイラストレーションを手がける。
    個展、グループ展多数。
    2014年 第15回ノート展 大賞、第12回TIS公募 銀賞。
    2015年 UNKNOWN ASIA 審査員・谷口純弘賞、第197回ザ・チョイス 入選、第12回グラフィック1_WALL 入選など。

    riya(リヤ)
    1985年アメリカ、シカゴ生まれ。 切り絵作家。
    切り絵の手法で、動物や人間、波、雲、炎、星などのアイコンを並べ、エコロジカルな視点を感じさせながら、どこか呪術的、民族的な作品を制作する。
    原画での作家活動をベースに、雑誌イラストや映像作品、テキスタイル、ファッション、グッズのデザインなど、切り絵で制作活動中。
11 / 15最初...11...最後