三浦光雅 個展「come and go」

2022. 5. 27 Fri. - 2022. 6. 05 Sun.

  • equality (red) アクリル、綿布、パネル、900×900×30mm、2022

この度、関西を拠点に活動するアーティスト三浦光雅の大阪で初となる個展「come and go」を開催いたします。
三浦は1997年山口県生まれ、2021年京都芸術大学芸術研究科修士課程芸術専攻油画領域修了。「意識と無意識」、「作為と無作為」、「生産と非生産」をテーマにした平面作品を制作しています。

使用する配色や構図は乱数から導かれて決定されるためアーティストによってコントロールできない一方、制作作業はアーティストによるアナログ作業によって進められるため、“機械的であること”と“人間的であること”とを行き来することで生み出された作品となっている。

本展は、国内外で数多くのグループショーやアートフェア等に出展してきた三浦にとって、キャリア初となる大阪での個展。これまでに発表してきた作品シリーズの新作に加え、本展に合わせて発表する新たな作品のシリーズもこの機会に展示します。

また、会期中にはアートフェア「art stage OSAKA 2022」の開催が予定され、サテライトイベントである「ART WALK 堂島/中之島」の会場のひとつとしての展覧会でもあります。初夏の大阪でのアート鑑賞の機会にぜひご高覧ください。

[アーティストステートメント]
「意識と無意識」「作為と無作為」「生産と非生産」を主なテーマとして、乱数や指示書を用いた平面作品を制作している。構図や配色といった、制作過程で特に作家の意思決定を必要とする工程を乱数によって決定し、自身の身体を通して出力する。指示に従って単純な作業を繰り返すなかで、自身では制御することが出来ない偶発的な表情が生まれるように、日々の生活の中に生まれる思惑はずれなことを再認識し、肯定するために制作する。

[主な展覧会歴]
・AIFA gallery opening exhibition / AIFA gallery
(スイス、2022)
・Light Vision / humarishclub(マカオ、2022)
・ART OSAKA / 中央公会堂(大阪、2021) / DMOARTSより出展
・DAWN-EXPOSITION 2021.04- / 銀座蔦屋書店 GINZA ATRIUM(東京、2021)
・シェル美術賞 2020 / 国立新美術館(東京、2020)
他多数

[展覧会概要]
三浦光雅 個展「come and go」

・会期
5/27(金)-6/5(日) 13:00-19:00
*会期中の木-日 OPEN、最終日のみ17:00 CLOSE
Preview : 5/26(木) 17:00-20:00 *招待者、関係者のみ入場可

・会場
大阪市中央区北浜2-1-16 THE BOLY OSAKA B1F

・主催, 企画
DMOARTS

三浦光雅instagram:https://www.instagram.com/koga_miura2343

MORE

ABOUT US

tittle

DMOARTSは、現代アートを中心に展開するアートギャラリー。2011年開業。
JR大阪三越伊勢丹、阪急うめだ本店、LUCUA Osakaなどの商業施設内にギャラリーを常設し、 現代アートを紹介し続けてきました。
展覧会をベースに、ライブペインティングやポップアップイベントなどの話題を集める企画も実施。
また、ART FAIR TOKYO、ART OSAKA、ART TAIPEI等のアートフェアにも出展し、アーティストの作品を国内外で紹介しています。