INTERVIEW

  • 遠山敦 個展「時間が止まるアート展」

    数々の書籍やテキスタイルへのイラスト提供の傍ら、日本各地で展覧会やワークショップを積極的におこなう遠山敦さん。作品と同じく緩急さと軽やかさが魅力的なご本人に、DMOARTSの初個展を前にお話しを伺いました。

    MORE

  • 松村咲希 個展 SEEING THINGS

    松村咲希さんは昨年、京都造形芸術大学芸術研究科修士課程芸術専攻ペインティング領域を修了したばかりの若手現代美術作家。その作品は、さまざまなマテリアルを駆使してレイヤーを重ねたもので、一見するとグラフィティからの影響を強く受けているような作風です。しかし彼女自身のバックグラウンドにはその要素はなく絵画……

    MORE

  • 河野ルル 個展「LULU」

    河野ルルさんはdigmeoutが企画運営する国際的アートフェア「UNKNOWN ASIA 2017」に出展し、日本人アーティスト初のグランプリを受賞。飛ぶ鳥を落とす勢いの活躍で大注目の新人ですが、本人はそんな気負いもなくとてもカラフルでピュアな人柄。そんなルルさんにこれまでのこと、これからのことにつ……

    MORE

  • 井上純也 個展 空気を掬う

    若手現代アートティスとの中でもユニークな切り口で着実に実績を伸ばし、魅了し続ける井上純也。「ただ此処に在る美しさ、ただ存在する命の美しさ」― 彼が描く世界は儚くて、そしてとても詩的に映ります。かねてより井上自身が実現したかった「空気を掬う」というテーマでの個展がDMOARTSで始まるにあたり、彼の「……

    MORE

  • さくらいはじめ solo exhibition “POP ART SOUL” -2018 Spring Collection-

    昨年はNONA REEVES “MISSION”アートワークを始め音楽シーンとの絡みや、UNKNOWN ASIAからタイでの出展など、多彩な活動はさくらいさんに大きな刺激を与えたようです。さらにアップデートされたさくらいはじめ“POP ART SOUL”はいかに!?

    MORE

  • 加藤穂月 「セレンディピティに辿りつくには」

    今注目の若き油絵画家・加藤穂月の待望の初個展が3月16日よりDMOARTSにて始まります。作家自身が偶然出会った日常の気づきから着想し、イメージを膨らませ、形に起こしていく作品は、「セレンディピティ」という言葉と共にどこかファンタジーで観る者の想像力を掻き立てます。油絵の具の匂いが心地よい大阪市内の……

    MORE

  • 神崎遥 個展「BEER,BEER,BEER!」

    ベン・シャーンやアンディ・ウォーホルのドローイングを彷彿させるソリッドな線描画で人々を魅了する神崎遥。昨年初挑戦したUNKNOWN ASIA ART EXCHANGE OSAKA 2017 では、張國權賞(Boss Art Gallery / 台湾)の受賞も話題でした。今回の個展では、彼女が愛してや……

    MORE

  • 西野彩花 個展「Stance」

    町の片隅にある古びた工場。無造作に物が積み上げられた民家。日常の何気ない風景。作家・西野彩花が描く町を一緒に歩きながら、個展の作品や彼女の「視点」について話しを聞いてみた。そこから見えてくる西野彩花の世界は、あなたにどう映るでしょうか。

    MORE