EXHIBITION

  • ART in OFFICE “SESSEN”

    2020. 10. 01 Thu. - 2020. 10. 03 Sat.

    溝渕珠能 Juno Mizobuchi

    三角形, 2020, 木製パネル・アクリル, 約H725×W1455mm

    小谷くるみ Kurumi Kotani

    Virginia, 2020, 木パネル・綿布・アクリル, H455×W380mm

    松村咲希 Saki Matsumura

    combination-switchbacks, 2020, 木パネル、綿布、アクリル絵具, H803×W652×D50mm

    藤井桜子 Sakurako Fujii

    0512_04, 2020, デジタルドローイング、アルコールインク, H545×W424mm

    田村琢郎 Takuro Tamura

    Lovers#4, 2020, FRP,鏡,モルタル, H2750×W860×D380mm

    安田知司Tomoshi Yasuda

    1.278ppi_15, 2017, キャンバス、油彩, H333×W242×D20mm

    YUGO.

    REBORN, 2020, アクリル絵具、油性ペン, H420×W297mm

    アートを楽しむ価値を共有できる「接線」になるように
    “SESSEN”とは「接線」のこと。多くの人が交流し、長い時間を過ごす「オフィス」という空間に、今コレクションにお勧めしたい厳選されたアートを展示。若く才能あふれる7人のアーティストの作品をアートフェア形式でご紹介します。

    オフィスでアート作品を鑑賞することで、今まで美術館やギャラリーではできなかった体験を提供します。
    「実際に生活空間に作品を飾ったら」をイメージしやすく。
    「アートがいかに空間を快適に変え、インスピレーションをもたらすか」を感じられるように。
    自宅やオフィスといった特定の場所で過ごす時間が長くなったニューノーマルな社会環境で、これまで以上に必要とする「アートの力」を、鑑賞から購入までワンストップで楽しめます。

    本展は、TEZUKAYAMA GALLERYとkeshiki.jpの協力も得て企画し、会場となるのは大阪から音楽を発信し続けるラジオ局 “FM802” & “FM COCOLO” のオフィス。この場所ならではのコンテンポラリーアートと音楽との融合を楽しめる仕掛けもご用意しています。

    鑑賞者、コレクター、アーティスト、ギャラリー、企業など、人々が接点を持つきっかけになれるように。そして点から線へ。アートを楽しむ価値を共有できる接線を生み出していくことを目的としています。


    [ARTISTS]
    溝渕珠能 Juno Mizobuchi
    小谷くるみ Kurumi Kotani
    松村咲希 Saki Matsumura
    藤井桜子 Sakurako Fujii
    田村琢郎 Takuro Tamura
    安田知司Tomoshi Yasuda
    YUGO.


    ART in OFFICE “SESSEN”
    会期 2020年 10⽉1⽇(⽊) ―3⽇(⼟)
    プレビュー 10⽉1⽇(⽊) 15:00 - 19:00 (招待者・関係者のみ)
    ⼀般公開 10⽉2⽇(⾦) 14:00 - 19:00
    10⽉3⽇(⼟) 12:00 - 17:00
    ※ご⼊場は終了1時間前まで
    ※⼊場無料・事前予約制
    会場 FM802 / FM COCOLO 本社
    〒530-0041 ⼤阪市北区天神橋2丁⽬北2-6 ⼤和南森町ビル9F
    ⼤阪メトロ ⾕町線 南森町駅 すぐ
    主催 DMOARTS digmeout
    後援 FM802 FM COCOLO
    協⼒ TEZUKAYAMA GALLERY Keshiki.jp

    オフィシャルサイト・来場ご予約はこちらから
    https://dmoarts.com/sessen

  • DMOARTS in artTNZ

    2020. 9. 17 Thu. - 2020. 9. 21 Mon.

    9月17日は招待制

    DMOARTSは東京天王洲のTERRADA ART COMPLEX Ⅱで開催されるアートフェア「artTNZ」に出展します。パークホテル東京で開催予定だった「ART in PARK HOTEL TOKYO」が中止となり、その代わりに出展するフェアとなります。DMOARTSからは小谷くるみ、倉崎稜希の2アーティストをご紹介します。
    小谷くるみの作品群「21g」は魂の重さといわれ、かつて在ったものを暗示することで、直接描くことなく超自然的な存在に言及しています。倉崎稜希は死生観の象徴として炎を用い、「Traces of the soul」ではその苛烈な燃え跡で、有限の命と後に残る物を想起させます。
    会場は完全予約制でのご案内となりますので、あらかじめご予約の上、無理のない範囲でお越しください。



    日時:2020年9月17日(木)— 21日(月)
    ※9月17日(木)は招待制
    会場:TERRADA ART COMPLEX Ⅱ
    〒140-0002 東京都品川区東品川 1-32-8
    https://arttnz.com/



    [Artists]
    小谷くるみ|Kurumi Kotani
    1994年生まれ、2019年京都造形芸術大学大学院芸術専攻ペインティング領域修了。
    関係や気配、存在の痕跡というテーマで絵画を制作。その署名的絵画シリーズ「21g」では、画面全体が「窓」として想定され、結露したガラスの表面に何者かが触れた痕跡が残されている。神秘的、あるいは超自然的な現象に関心があるという彼女は、ホラー映画の一場面を連想させるような画面を創出させ、そこに見えない何者かの気配、不確かな存在を浮き上がらせている。

    倉崎稜希|Ryoki Kurasaki
    1995年福岡県生まれ、2016年九州デザイナー学院卒業。
    倉崎は、油彩で描いたポートレートの目であった部分を燃やすことでモチーフのリアリティの追求を試みている。命のメタファーとしての炎によって発生する現象と物質、露出する空間とキャンバス自体の構造が、その作品の重要な構成要素である。

  • 黒ねこ意匠個展「JAM SESSION」

    2020. 10. 09 Fri. - 2020. 10. 25 Sun.

    *Open on Fridays to Sundays

    DMOARTSはこの度、黒ねこ意匠個展「JAM SESSION」を開催します。
    「くろねこ ろびんちゃん」をモチーフとした新作絵画をはじめ、黒ねこ意匠のノスタルジックな作風を表現したシルクスクリーン作品を初お披露目。
    作品は同時にDMOARTSオンラインショップでも公開いたします。会場でも、世界中でも。さらに進化した「ろびんちゃんワールド」をぜひお楽しみください!


    ろびんちゃんSURIMACCAワークショップ
    レトロ印刷JAMによるシルクスクリーンキット「SURIMACCA」を使ってろびんちゃんオリジナルグッズが作れるワークショップを開催!
    ※ 10月9日、各土日に開催
    ※ 詳細は順次お知らせいたします。


    [Artist]
    黒ねこ意匠
    黒ねこ意匠|kuroneko design
    2011年の活動開始以来、とがったツメにキバ、斜に構えた生意気そうな目つきのキャラクター「くろねこ ろびんちゃん」の絵本とオリジナルグッズで人気を集めるユニット、黒ねこ意匠。 商業イラストレーターとして培った洗練されたデザインセンスと懐かしさを感じるディテールで、他のイラストやキャラクターとは一線を画した表現を続けています。
    https://digmeout.net/artists/kuronekodesign/
    インタビュー:https://dmoarts.com/interview/



    2020. 10. 9 Fri. - 2020. 10. 25 Sun.
    *金―日 13:00~19:00 オープン
    THE STORIES(大阪府大阪市北区中崎西1-7-13)
    大阪メトロ谷町線中崎町駅4番出口徒歩5分/葉村温泉・済美公園 中間
    Produced by DMOARTS / Cooperated by レトロ印刷JAM

  • 倉崎稜希 小谷くるみ 二人展 「there-was」

    2020. 11. 20 Fri. - 2020. 12. 20 Sun.

    *日付は仮のものであり、予告なく変更する場合があります。

    2020年11月 大阪にて開催予定
    近日詳細発表


    DMOARTSは倉崎稜希 小谷くるみ 二人展 「there-was」を開催いたします。本展では、同世代である両作家の共通するコンセプト「痕跡」や「気配」、つまりそこにあったもの―「there-was」に焦点を当てています。


    [Artists]

    倉崎稜希|Ryoki Kurasaki
    倉崎は、油彩で描いたポートレートの目であった部分を燃やすことでモチーフのリアリティの追求を試みている。命のメタファーとしての炎によって発生する現象と物質、露出する空間とキャンバス自体の構造が、その作品の重要な構成要素である。本展では、蝋で形を写し取られ、また炎によって溶け出した額が、誰しもの心にある原風景を思わせる風景を縁取る新シリーズも発表する。

    1995 福岡県北九州市生まれ
    2016 九州デザイナー学院 卒業

    主な出展歴
    2020
    ArtTNZ(東京)
    DELTA Experiment(大阪)
    2019
    個展「Traces Of The Soul」 DMOARTS(大阪)
    個展「Remains」 Gallery Kogure(東京)
    ART FAIR TOKYO 2019(東京)
    VOLTA Basel 2019(スイス)
    2018
    ART OSAKA 2018(大阪)
    UNKNOWN ASIA 2018(大阪)


    小谷くるみ|Kurumi Kotani
    小谷は、時間・痕跡・気配というテーマのもと、主に絵画作品を発表している。本展では自身のオカルト・ホラーへの興味から発生し、画面全体が「窓」として想定され結露したガラスの表面に何者かが触れた痕跡が残されたた「21g」シリーズのほか、人類が地球に残した跡への言及を試み、作家にとってより重要となる「鉄錆」シリーズの新作を展示する。

    1994 大阪府生まれ
    2017 京都造形芸術大学油画コース卒業
    2019 京都造形芸術大学修士課程修了

    主な出展歴
    2020
    ArtTNZ(東京)
    DELTA Experiment(大阪)
    二人展「FUZZY TRACE」, Dopeness Art Lab(台北)
    個展「Blind」, MEDEL GALLERY SHU(東京)
    グループショー「U30 - Whom do you suspect?」, GALLERY NOMART(大阪)
    2019
    京都造形芸術大学大学院修了制作展 (京都)
    ニュースターアートコレクション, 松坂屋名古屋展(愛知)
    京都造形芸術大学卒業制作選抜展「宇宙船地球号」, 東京都美術館(東京)
    「nine colors X III」, 西武渋谷店美術画廊(東京)
    「NEO SEED」, 阪急うめだ本店(大阪)
    個展「MESSAGE」, SUNDAY CAFE(東京)
    個展「SIGN」, 西武渋谷店美術画廊(東京)
    ART OSAKA 2019 (大阪)
    グループショー「大鬼の住む島」, WAITINGROOM(東京)
    UNKNOWN ASIA 2019 (大阪)

    倉崎稜希・小谷くるみ作品集「Ryoki Kurasaki / Kurumi Kotani」
    Digmeout press 11月発行予定
    二人展「there-was」を開催する2人の同世代アーティスト、初の作品集
    DMOARTS、オンラインショップ「RADIPASSTORE」で販売

  • DELTA Experiment

    2020. 8. 28 Fri. - 2020. 8. 30 Sun.

    main banner

    【About】
    2020年、新型コロナウィルスは世界的に感染が拡大し、アートのビジネス環境にも大きな影響が出ています。アートバーゼルをはじめとした世界的なアートフェアの多くは開催中止を余儀無くされ、ギャラリーでの展覧会もままならない状況が続き、ギャラリーやアーティストの活動にも大きな影響を及ぼしています。
    作品という「物質」を扱う上で、リアルな鑑賞環境は大きな購入要因ではあるものの、その一方で潜在的な問題であったオンラインへの移行が急速に進むなど、アートシーン全体としても一つの転換期を迎えていると感じます。
    そんな中、ここ大阪においては先鋭的かつ新しい感性を持ったギャラリーやディレクターによるプレゼンテーションがまだまだ不足していることに問題意識を持ち、この「DELTA Experiment」を企画する運びとなりました。既存のアートフェアとは異なる視点を持って、ギャラリーとコレクター、アートファンを繋ぐ新しい「場」の創造を目指します。
    出展ギャラリーは、東京、大阪、京都で先鋭的な企画展やアーティストを発信している7軒に厳選。 リアルな会場でも、オンラインでもアートを楽しめる状況を提供します。そしてコレクターやファンがアートを楽しみ、購入し、循環を生み出す。「DELTA Experiment」の目的は、シーンやコミュニティにアクセスする喜びを多くの人と共有することにあります。

    DELTA Executive Committee
    岡田 慎平 (TEZUKAYAMA GALLERY) / 高橋 亮 (DMOARTS)


    【Gallery】
    DMOARTS
    EUKARYOTE
    FINCH ARTS
    FL田SH
    HARMAS GALLERY
    LEESAYA
    TEZUKAYAMA GALLERY


    【Information】
    日時
    2020年 8月28日(金) - 30日(日)
    8月28日(金) 15:00 - 19:00
    8月29日(土) 12:00 - 19:00 (*ギャラリートーク 18:00 – 19:00)
    8月30日(日) 12:00 - 18:00

    会場
    TEZUKAYAMA GALLERY
    〒550-0015 大阪市西区南堀江1-19-27 山崎ビル2F

    主催
    DELTA Executive Committee
    岡田 慎平 / 高橋 亮

    問い合わせ先
    contact@delta-art.net

    オフィシャルサイト
    https://delta-art.net/


    【Attention】
    コロナウィルス感染への対策として、ご来場いただく方は事前に入場チケットをご予約ください。(無料)
    ご来場いただく方はマスク着用を必須とし、アルコール消毒などを行うなど感染防止のためにご協力ください。
    大阪コロナ追跡システムを来場時に登録した上で会場にお入りください。
    感染状況の変化などにより開催日時等の変更をさせていただく場合があります。
    変更時にはWEBサイトにて発表させていただきますのであらかじめご了承ください。
    会場内の混雑状況によって、入場をお待ちいただく場合がございます。

    会場は事前予約優先制です。あらかじめご予約の上、会場にお越しください。
    ご予約はPeatixから


    【主催】
    DELTA Executive Committee


    【協力】
    DMOARTS
    TEZUKAYAMA GALLERY
    keshiki.jp


    【後援】
    FM802
    FM COCOLO

  • Yoshitaka Goto Exhibition “Journey to UNKNOWN”

    2020. 7. 23 Thu. - 2020. 8. 10 Mon.

    Yoshitaka Goto Exhibition "Journey to UNKNOWN"

    2020.7.23 fri. - 8.10 sun.
    ※オープン日 7.23(祝)24(祝)25(土)26(日)31(金)8.1(土)2(日)7(金)8(土)9(日)10(祝) 13:00〜19:00
    THE STORIES (大阪府大阪市北区中崎西1-7-13)

    「多重露光」という写真表現を駆使し、アジア〜欧米を飛び回り、時間や空間までも越えた独特の風景写真をクリエイトし続けるゴトウヨシタカ。そんな彼の「未知なる旅」の記録を体感できる写真展を開催します。


    [Profile]
    ゴトウヨシタカ
    フィルム写真家/ロモグラファー。2008年にフィルムカメラのロモグラフィーと出会う。既成概念に捉われず撮影を楽しむユーザーに触発され、多重露光やクロスプロセス現像といったアナログ特有な技法に没頭。CGやSF映画の様な世界をアナログの手法でいかに表現できるかを常に考えて作品制作。作品は東京、大阪を中心に個展にて発表する傍ら、広告などのアートワークとしても各方面で採用される。一方、専門学校の客員講師やワークショップ、トークセッションのゲストとしても活動を行う。



    インスタントカメラによる多重露光撮影体験 期間中随時。予約不要。
    希望者のポートレートを多重露光で撮影します。(3枚1,000円)撮影した写真はそのまま持ち帰れます。


    コロナウイルス感染拡大防止のため以下のご協力をお願いします
    1)受付にて来館者の体温測定を実施します。体温が37度以上ある方と同伴者の方は入館をお断りする場合があります。
    2)必ずマスクをご着用の上ご来館ください。マスクをお持ちでない方のために会場でもマスクをご用意しています。
    3)ご入館・お帰りの前に、玄関にて必ず手先のアルコール消毒を行ってください。
    4)会場キャパシティの都合上、入場を制限させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。


    <同時開催中>
    ゴトウヨシタカ写真展「アナログのチカラ」
    確実に入場できるLINEでの予約サービス(特典付き!)ご利用ください。
    会場:KiyoBank×802 NAMBA SQUARE
    大阪市中央区難波5-1-60
    南海電鉄なんば駅2階 中央改札口外

  • digmeout presents ART GIVES YOU A SMILE

    2020. 4. 17 Fri. - 2021. 4. 16 Fri.

    digmeout presents
    ART GIVES YOU A SMILE
    「アートで笑顔を」


    世界中が新型コロナウィルスの脅威と闘う今、digmeoutアーティストが一緒になってアートでポジティブなメッセージを発信し、みんなに笑顔と勇気を届けるプロジェクトです。digmeoutのアートがたくさんの笑顔につながりますように。


    お気に入りのアートをダウンロードしよう!

    このプロジェクトの目的は、アーティストが表現する機会を設けること、その画像を購入していただくことで、人々の共感を作家の経済的支援に繋げることです。
    お気に入りの一点があればぜひダウンロードしてください。それらはFacebook、LINE 、Twitter、Zoomなどの背景やアイコンとしてご利用いただけます。
    ダウンロードの金額は、購入者に決めていただくシステムです。その収益は全て参加アーティストに還元されます。


    ART GIVES YOU A SMLLE 特設ページ

    https://digmeout.net/art-gives-you-a-smile/

  • FM802×黒ねこ意匠コラボレーション展『BLACK CAT ROBIN』

    2019. 11. 22 Fri. - 2020. 3. 08 Sun.

    各会場巡回・休業日、営業時間は会場に準じます

    FM802×黒ねこ意匠コラボレーション展『BLACK CAT ROBIN』
    2020/2/22 Sat.-3/8 Sun.*
    *会期中の金土日、休日にオープン 2 / 22, 23, 24, 28, 29, 3/1, 6, 7, 8

    2/22 17:00-19:00 オープニングレセプション

    THE STORIES
    (大阪府大阪市北区中崎西1-7-13)
    12:00 - 19:00

    黒ねこ意匠は、とがったツメにキバ、斜に構えた生意気そうな目つきのキャラクター「くろねこ ろびんちゃん」の絵本とオリジナルグッズで人気を集めるユニットです。
    「BLACK CAT ROBIN」は黒ねこ意匠とFM802/FM COCOLOのコラボレーション展覧会として2019年末に東京・福岡で同時開催し、好評を得ました。 DMOARTSではこの度、黒ねこ意匠3冊目である絵本「くろねこ ろびんちゃん びろーん」を出版すると同時に、中崎町THE STORIESで「BLACK CAT ROBIN」大阪展を開催いたします。
    新作絵本のほか、版画作品を含むアートの展示販売いたします。 また、プレゼントしたくなるカレンダーやステーショナリー、特別なグリーティングカードなど、FM802とコラボレーションした「くろねこ ろびんちゃん」のオリジナルグッズを展開いたします。


    各展覧会場でしか購入できないろびんちゃんプロダクトをお楽しみに! 一部は、12月7日(木)からオンラインショップ「RADIPASSTORE」でも販売いたします!
    https://funky802.com/shop/



    くろねこ ろびんちゃん 2019年 3月始まりカレンダー


    くろねこ ろびんちゃん グリーティングカード


    くろねこ ろびんちゃん ファブリック(ニットキャップ、ハンドタオル、限定カラートートバッグ)



    アクリルキーホルダー 会場限定先行デザイン(左・東京 右・福岡展)




    [Artist]
    黒ねこ意匠|kuroneko design
    2011年の活動開始以来、とがったツメにキバ、斜に構えた生意気そうな目つきのキャラクター「くろねこ ろびんちゃん」の絵本とオリジナルグッズで人気を集めるユニット、黒ねこ意匠。
    商業イラストレーターとして培った洗練されたデザインセンスと懐かしさを感じるディテールで、他のイラストやキャラクターとは一線を画した表現を続けています。
    https://digmeout.net/artists/kuronekodesign/
    インタビュー:https://dmoarts.com/interview/

    [東京] 11月22日(金)~12月30日(月)
    (浅草BANK BED GALLERY・111-0035 東京都台東区西浅草2-8-5)
    http://www.denchi-asakusa.jp/gallery/

    [福岡] 12月7日(土)~2020年1月4日(土)
    (六本松 蔦屋書店・810-0044 福岡県福岡市中央区六本松4-2−1 六本松421 2F)
    https://store.tsite.jp/ropponmatsu/
    12月7日(土)15:00~16:00 ギャラリートーク開催!
    詳細はこちら









  • Rooo Lou exhibition “RELIFE”

    2020. 2. 08 Sat. - 2020. 3. 01 Sun.

    2020 2/8 Sat. - 3/1 Sun.
    at TAG STÅ



    この度、Rooo Lou 個展「RELIFE」を開催します。
    昨年5月に大阪で行われた個展「LIFE」では人々の何気ない仕草や日常を切り取り表現。
    今回の展示ではさらに深く、あらゆる角度から再び捉えた「LIFE」を、初の福岡での個展で新作を交え展示致します。
また、本展ではアート作品約30点に加え、新作グッズも多数販売予定です。
    皆様のご来場を心よりお待ちしております。

    Produced by DMOARTS



    [Profile]
    Rooo Lou
    Artist / Designer
    線と色で紡ぎ出すシンプルな人物画を得意とし、企業やアパレルなどのプロモーション、コラボグッズなど企画から制作まで幅広く手がける。
    Instagram : rooo_illust
    http://digmeout.net/artists/rooo-lou/



    TAG STÅ
    OPEN 7:00 - 20:00
    〒810-0003
    福岡市中央区春吉1-7-11 スペースキューブ1F
    www.tagsta.in
    Tel 092-724-7721

















  • DMOARTS in ART in PARK HOTEL 2020

    2020. 9. 25 Fri. - 2020. 9. 27 Sun.

    Preview:9.25 thu

    *2020年2月20日 ART in PARK HOTEL TOKYO は会期を延期いたします。

    ART in PARK HOTEL TOKYO
    2020年9月25日(金)—27日(日)
    2020年3月19日(木)—21日(土)
    プレビュー(招待客・プレス関係者)
    9月25日(金)
    3月19日(木) 14:00—21:00
    一般公開
    9月26日(土)・27日(日)
    3月20日(金・祝) 11:00—20:00
    3月21日(土) 11:00—19:00
    ※入場は閉場1時間前まで


    DMOARTSはパークホテル東京で2020年9月26日(土)・9月27日(日)に開催する現代美術のホテル型アートフェア「ART in PARK HOTEL TOKYO 2020」(AiPHT 2020)に出展します。

    AiPHT 2020は、若手注目作家から国際的著名作家の絵画・彫刻・版画・写真や空間全体を使ったインスタレーションまで、バラエティに豊んだ作品群をお楽しみ頂けます。生活空間に近いホテル客室を舞台にしており、自宅でのアートコレクションをイメージし易い点も特徴です。

    DMOARTSはROOM 2729で、痕跡と目に見えないものへの畏怖を共通したテーマに持つ同世代の作家2人を“there-was”と題してご紹介します。
    小谷くるみの作品群「21g」は魂の重さといわれ、かつて在ったものを暗示することで、直接描くことなく超自然的な存在に言及しています。倉崎稜希は死生観の象徴として炎を用い、「Traces of the soul」ではその苛烈な燃え跡で、有限の命と後に残る物を想起させます。

    *作品リストについては info@dmoarts.com(担当:金子)までお問い合わせください。


    [Artists]

    小谷くるみ|Kurumi Kotani
    2019年京都造形芸術大学大学院芸術専攻ペインティング領域修了。
    関係や気配、存在の痕跡というテーマで絵画を制作。その署名的絵画シリーズ「21g」では、画面全体が「窓」として想定され、結露したガラスの表面に何者かが触れた痕跡が残されている。神秘的、あるいは超自然的な現象に関心があるという彼女は、ホラー映画の一場面を連想させるような画面を創出させ、そこに見えない何者かの気配、不確かな存在を浮き上がらせている。

    倉崎稜希|Ryoki Kurasaki
    1995年福岡県生まれ、2016年九州デザイナー学院卒業。
    倉崎は、油彩で描いたポートレートの目であった部分を燃やすことでモチーフのリアリティの追求を試みている。命のメタファーとしての炎によって発生する現象と物質、露出する空間とキャンバス自体の構造が、その作品の重要な構成要素である。


    DMOARTS 2729号室
    PARK HOTEL TOKYO 26F / 27F
    105-7227 東京都港区東新橋1-7-1 汐留メディアタワー (フロント25階)

    入場料 ¥1,800 / 1 Day Pass
    前売り券
    「AiPHT2020 2日間通し券」 ¥3,000 / 2 Day Pass
    「東京アートパスポート」 ¥7,000 / 3会場有効

    parkhoteltokyo.com