EXHIBITION

  • 内田文武 個展「UKIYOREMIX」

    2018. 1. 12 Fri. - 2018. 1. 25 Thu.

    内田文武 個展「UKIYOREMIX」
    2018.1/12 Fri. - 1/25 Thu. (最終日のみ18時クローズ)
    レセプションパーティー 1/13 Sat. 18:00-21:00



    昔の大衆が楽しんだ浮世絵は、現代では高尚な芸術として扱われることもしばしばですが、そこに少しのユーモアを加えるだけで過去を現在に更新し、大衆的な多くの人が楽しめるアートに変化をとげます。
    先日NETFLIXでウディ・アレンの映画、ミッドナイトインパリを流し見している時に聞こえたセリフが印象的でした。
    「ある世代には平凡だった物も
    時の流れに変質を遂げる
    魅惑的な自虐のステータスへと」



    内田文武 Fumitake Uchida
    1981年、京都生まれ。京都造形芸術大学卒。
    おもな個展に「肌鏡」(2010年、GALLERY SPEAK FOR)など。’08年、MoMAが開催する”DESTINATION JAPAN”に作品4点が選定され、世界的なクリエイター年鑑 「LE BOOK」のニューヨーク、パリ、ロンドン版の装画を担当する。MISIA with 星空のオーケストラ2010「星空のライヴ V Just Ballae」など音楽DVDやCDのジャケットを手がけ、宮本亜門氏の演出ミュージカル「テイクフライト」にて舞台全面に投影された絵も話題に。2013年4月にファーストアルバム「Sleeping Forest」をリリースするなど、音を用いた表現も展開している。大阪在住。

  • 寺田マユミ 個展「恋だから、しかたがない」

    2018. 1. 26 Fri. - 2018. 2. 15 Thu.

    1/26 Fri. - 2/15 Thu.
    OPEN 10:00-21:00 (最終日のみ18時クローズ)

    レセプションパーティー
    1/27 Sat. 18:00-21:00



    イラストレーターとして書籍、雑誌、広告などで活躍する寺田マユミの個展を開催します。 恋のシーズンにぴったりの、甘酸っぱく、心ときめく物語を作品にしました。 描きおろしの原画をゆっくりとご覧ください。





    気が付くと埋め尽くされているのです
    夏の日の草花のように
    降り積もる雪のように
    頭の中はあの人のことばかり
    どうか教えてくれませんか
    この厄介な占拠から逃れるすべを

    嗚呼、それはお困りでしょう
    ですが生憎、もう抗うことはできませんよ
    だってそれが、恋だから

      寺田マユミ



  • 玉村ヘビオ 個展「ペロ」

    2017. 12. 29 Fri. - 2018. 1. 11 Thu.

    2017.12.29 Fri. - 2018.1.11 Thu.
    OPEN 10:00-21:00 (最終日のみ18時クローズ)



    レセプションパーティー 12.29 Fri. 18:00-
    作家も在廊しています。お気軽にお越しください。



    イラストレーター玉村ヘビオの個展「ペロ」をDMOARTSで開催します。DMOARTSでは昨年開催したお正月のPOP UPに続き、2度目の展示です。



    「ペロ(perro)」とは、スペイン語で「イヌ」という意味。
    2018年戌年のお正月に、カワイイ、コワーイ、カッコイイ、様々なイヌ科の仲間たちが大集合して新年の始まりをお祝いします。年明けは1月2日から営業しますので、是非お越しください。



    玉村ヘビオ / Hevio Tamamura
    1971年京都市生まれ
    グラフィックデザイナーを経てフリーのイラストレータとして活動中。幼い頃なりたかった「昆虫博士」と少し形は変わったものの、今でも大好きな生き物や、もしかするとそこにもいるかも知れない得体のしれない存在を描くことを得意とする。
    見る人が絵の動き、ストーリーを想像してしまうイラストを心掛け、ロゴマークや挿絵、キャラクター等の作品を制作。著書に「ヘビオの動物折り紙(日本ヴォーグ社)」がある。

    http://torinoco.com/